講演会情報

2019.09.27

2019/11/26講演「中国の情報戦の実態ととるべき対応」講師:矢野義昭

「中国の情報戦の実態ととるべき対応」

〇日時: 11月26日(火)18時半から21時
〇場所: (初めて使いますが、)九段下交差点角、りそな九段ビル5階ナレッジ・ソサエティ会議室
〇講師: 矢野義昭
〇テーマ:「どうなる朝鮮半島―日米中・南北朝鮮の思惑と半島の将来シナリオ」
〇料金: お一人会員は1,000円、非会員は2,000円
〇お申込み: yyano0248@gmail.comに、11月25日中にご連絡ください

矢野義昭・ご略歴

昭和25(1950)年大阪生。昭和40(1965)年、大阪市立堀江中学校卒。昭和43(1968)年、大阪府立大手前高校卒。昭和47(1972)年京都大学工学部機械工学科卒。同年同文学部中国哲学史科に学士入学。同昭和49(1974)年卒。同年4月、久留米陸上自衛隊幹部候補生学校に入校、以降普通科(歩兵)幹部として勤務。美幌第6普通科連隊長兼美幌駐屯地司令、兵庫地方連絡部長(現兵庫地方連絡本部長)、第一師団副師団長兼練馬駐屯地司令などを歴任。平成18(2006)年小平学校副校長をもって退官(陸将補)。核・ミサイル問題、対テロ、情報戦などについて在職間から研究。拓殖大学客員教授、日本経済大学大学院特任教授、岐阜女子大学客員教授。著書『核の脅威と無防備国家日本』(光人社)、『日本はすでに北朝鮮核ミサイル200基の射程下にある』(光人社)、『あるべき日本の国防体制』(内外出版)、『日本の領土があぶない』(ぎょうせい)、その他論文多数
  1 / 1  

Recent Entries

Feed

Calendar

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31